« 私の視力アップ | トップページ

2019年3月16日 (土)

子供の視力回復~視力改善のためのアイトレーニング

子供の仮性近視が増大する傾向にあります。これはコンピューターテクノロジーの進歩により、小型化が進む発光画面がもたらす悪影響と大きな因果関係があると言えます。これは現代の社会が近視を誘発させる状況を放置し続ける限り、子どもたちが危機にさらされ続け一層の悪化をたどることになるでしょう。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

こどもが目を悪くしないようにするには、常日頃の注意が大事です。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。子供の視力低下は親の責任です。親としてはできることはやってやりたかった、子供の視力低下を認識した時点で、手遅れと感じながらも、そう思ってしまうかもしれませんね。子供が目を悪くしてしまっても、まだ仮性近視程度なら良いほうかもしれません。でも対策を間違えないで下さい。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

実は眼科では視力回復はレーシック手術以外は不可能としています。眼科医によってはこのミドリンMやミオピン、サンドールPは効き目は殆ど無いと言い切ります。何回かの視力検査を経て眼科ではやがて、当然のような感じで「そろそろメガネですね…」と告げてきます。もうその時点ではある程度の覚悟ができてしまっていて諦めが付いているかもしれません。眼病を治すのが眼科医の本来の大義と捉えていて、視力低下はいずれメガネで矯正と当然のように考えている眼科医が大半でしょう。眼科が視力回復に対して積極的でない理由。それは面倒な視力回復の指導などよりも、簡単に儲かるメガネの商売ほうが魅力的だからです。

メガネの生活になることに意外に子供はのほほんとしていたりします。でも親に気を使ってかわかりませんが、辛い近視人生の開始となったのは確実です

この薬を寝る前に差す、毎晩必ず続けるように言われそれを実行して様子を見ることになります。瞳孔を強制的に開かせるため、薬が効きすぎる場合が稀にあるようです。

田中謹也のアイトレーニングなら費用最小、効果最大





眼科に頼るならミドリンM等の点眼薬が淡い期待を持たせてくれます。人間の視神経に有害なブルーライトを発するゲーム機、DSやPSP、スマートフォン、これらの機器が子供は大好きです。

« 私の視力アップ | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力改善のためのアイトレーニング:

« 私の視力アップ | トップページ