« 無責任症候群パズドラ | トップページ | ソニーPSVが引き起こす視力低下の危険性 »

2019年3月 2日 (土)

任天堂の製品仮性近視への階段

視力回復トレーナーの後悔

視力低下の予防、視力回復のためには、近くのものをずっと見続けるような生活習慣を改善しなければいけません。読書の場合は、近くでも視点移動やページめくりと言う作業があり,また適度に休憩をとることもできるのでまだ良いのですが、こうしたことから言えば瞬きもせず、何時間でも平気で画面を見続ける 任天堂の製品は最悪です。



要するに親の視力の健康維持に対する認識が不足していると、子供の視力が悪くなりやすい傾向があるというわけです。我が子が近視になるとなにかと厄介ばかり募ってきます。然し乍ら長男長女などが近視にならないと、小学生の視力低下が増え続け、深刻化してきています。第一に精神的打撃を受けます、これに親は困ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

結局、親がこどもの視力について関心を示すようになれば、こどもの近視になる確率が低くなるというわけです。

つまり眼の焦点を近くに合わせた状態でいると、水晶体の厚さ調整している眼の筋肉が固まってきます。こうした状態が生活習慣化してしまえば遠くが見え辛くなっていくというわけです。従ってPSPなどのゲーム機器は子どもの視力にとって最悪です。眼を悪くしてしまったら、一刻も早く視力を回復させる手立てを考えなければなりません。

視力が落ちてしまう原因は、近くに視点を固定してしまう、これが主な最大の原因です。

第二子以降のこどもが視力が落ちてしまう確率が高くなるのです。

子供の近視で面白いのは、兄弟や姉妹では一番上が近視になると、二番目以降の視力は割と安全です。



« 無責任症候群パズドラ | トップページ | ソニーPSVが引き起こす視力低下の危険性 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 任天堂の製品仮性近視への階段:

« 無責任症候群パズドラ | トップページ | ソニーPSVが引き起こす視力低下の危険性 »