« 3DSは仮性近視の最大誘引 | トップページ | 無責任症候群パズドラ »

2019年2月25日 (月)

パズドラ仮性近視への階段

年下のこどもが視力検査で異常が出る公算が大きくなります。

要するに親がこどもの視力低下について無知だと、こどもの視力が悪くなる可能性が高いというわけです。わが子が眼を悪くしてしまうとなにかと不安です。



だから親がこどもの視力低下について危険性を認知したならば、こどもの仮性近視を防ぐ確率が高くなるというわけです。

子供の近視で注目すべきは、兄弟の場合年長の子が近視になると、次以降の子の視力は割と安全です。小児の視力異常が増えています。早急な対策が必要です。つまり眼の焦点が近くに固定された状態を続けると、水晶体の厚さ調整している眼の筋肉が固まってきます。こうした生活習慣が日常化すれば徐々に視力は低下していくというわけです。従ってパソコンでアクションゲームを長時間行うなどは、恐ろしい結果を招くことは明らかです。手遅れにならないうちに視力回復の手立てを考えなければなりません。子どもの視力回復は可能です。

最初は心理的打撃を受けます、これで親は滅入ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

視力が悪くなることを防ぎ、視力回復へ緒をつかむには、近くのものをずっと見続けるような生活習慣を改善しなければいけません。読書などの書籍は反射画面で、周りの光環境に左右されます。また頻繁に瞬きの動作が入るので、 適度に休みがあり目への負担は軽減されます。こうしたことから言えば瞬きもせず、何時間でも平気で画面を見続ける パズドラは最悪です。



しかし第一子が視力が良いと、仮性近視をまねく生活習慣

眼を悪くする原因は、近くを凝視する、このことが主な原因であることは明白です。

« 3DSは仮性近視の最大誘引 | トップページ | 無責任症候群パズドラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パズドラ仮性近視への階段:

« 3DSは仮性近視の最大誘引 | トップページ | 無責任症候群パズドラ »