« パズドラ仮性近視への階段 | トップページ | 任天堂の製品仮性近視への階段 »

2019年2月26日 (火)

無責任症候群パズドラ

つまり眼の焦点を近くに合わせた状態でいると、眼のピントを調整している毛様体筋が硬直してきます。こうした状態が生活習慣化してしまえば遠くが見え辛くなっていくというわけです。従ってパソコンでアクションゲームを長時間行うなどは、恐ろしい結果を招くことは明らかです。手遅れにならないうちに視力回復の手立てを考えなければなりません。子どもの視力回復は可能です。

小さい子供の視力の衰えが増えています。至急に対策を講じる必要があります。自分のこどもが近視になるとなにかと面倒が多くなります。然し乍ら一番上が近視にならないと、視力低下を招く原因は、近くに視点を固定してしまう、これが一番の原因であることは明らかです。

子供の近視で興味を引くのは、兄弟や姉妹では一番上が近視になると、二番目の子には気をつけますから視力はわりと安全です。視力が悪くなることを防ぎ、視力回復へ緒をつかむには、近くを凝視することの多い生活習慣を正さなければなりません。読書などの書籍は反射画面で、周りの光環境に左右されます。また頻繁に瞬きの動作が入るので、 適度に休みがあり目への負担は軽減されます。こうしたことから考えれば、瞬きもせずに長時間、発光画面を凝視し続けることを強いられる パズドラは最悪です。



要するに親がこどもの視力低下について無知だと、こどもの視力が悪くなる可能性が高いというわけです。



だから親がこどもの視力低下について危険性を認知したならば、こどもの視力低下を招くことも少なくなると云うわけです。

とにもかくにも精神的重圧、これで親は焦ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

第二子以降のこどもが視力低下になる危険の度合が強くなります。

点眼薬ミドリンMは仮性近視治療の特効薬か?

« パズドラ仮性近視への階段 | トップページ | 任天堂の製品仮性近視への階段 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無責任症候群パズドラ:

« パズドラ仮性近視への階段 | トップページ | 任天堂の製品仮性近視への階段 »