« 本当に眼に悪いのだよ!携帯ゲーム機器 | トップページ | スマホのゲームアプリは視力低下を社会に蔓延させている »

2018年11月25日 (日)

こどもの視力低下を招くツムツム

まず心理的重圧、これで親は慌ててしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

子供の近視で興味を引くのは、兄弟姉妹だと、最初の子が仮性近視になると、二番目の子には気をつけますから視力はわりと安全です。



我が子が視力低下になるとなにかと面倒が多くなります。結局、親がこどもの視力について関心を示すようになれば、こどもが眼を悪くすることも少なくなるというわけです。

二番目のこどもが視力低下になる可能性が大きくなります。

つまり眼の焦点が近くに固定された状態を続けると、水晶体の厚さ調整している眼の筋肉が固まってきます。こうした生活習慣が日常化すれば徐々に視力は低下していくというわけです。従ってパソコンでアクションゲームを長時間行うなどは、恐ろしい結果を招くことは明らかです。手遅れにならないうちに視力回復の手立てを考えなければなりません。子どもの視力回復は可能です。

仮性近視点眼薬ミドリンMの恐ろしい実態

つまり親が視力低下についてなんにも知らないでいると、こどもの視力低下を招いてしまうわけです。 視力低下の原因は、長く目の前のものばかりを見てしまう、これが主な最大の原因です。

けれども第一子が視力が良いと、視力の低下を防ぐ、視力を回復するためには、近くのものをずっと見続けるような生活習慣を改善しなければいけません。読書も近くを見続けますが、本の場合視点移動やページめくりと言う作業があります。 適度な間隔でブレイクが入るので目の負担は軽減されます。こうしたことから考えれば瞬きもせず、長時間、依存症的に小さな有害光線を発する画面を見続ける ツムツムは最悪です。



小さい子供の視力低下の問題は放置しておくと、ますます深刻化して行きます。

« 本当に眼に悪いのだよ!携帯ゲーム機器 | トップページ | スマホのゲームアプリは視力低下を社会に蔓延させている »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/74659472

この記事へのトラックバック一覧です: こどもの視力低下を招くツムツム:

« 本当に眼に悪いのだよ!携帯ゲーム機器 | トップページ | スマホのゲームアプリは視力低下を社会に蔓延させている »