« わが子の視力回復 | トップページ | 視力低下システムソニーPSV »

2018年9月11日 (火)

子供の視力回復~驚異の視力UP 近視治療





だから仮性近視になった人は特に注意が必要なのです。差し心地の決してよくないその点眼液を数週間使用した後、再検査、または再々検査を経て告げられるのは「そろそろメガネにしましょうか」の常套句。子供が目を悪くしてしまっても、まだ仮性近視の段階ならラッキーでと捉えましょう。真性近視という、近視確定、即メガネという診断にならなければ、まだ救いの道はあります。こうなったらあなたは眼科医の不誠実だが責めることのできない見えない策略に子供を陥らせてしまったのです。もうほとんど手遅れだと言って良いでしょう。

こどもの視力低下には注意が必要です。一寸でも目を離していると、子供は平気で目を悪くします。こどもが眼を悪くしてしまうと親はとてつもない責任感に苛まれます。親としては視力低下の原因を認識して、予防や対処に務めるべきだったかもしれません。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

実はこのミドリンMやミオピン、サンドールPは眼を良くする薬ではなく、瞳孔を無理矢理に開かせ調整機能を弛緩させる作用の薬にすぎないのです。。眼科では視力回復はどちらかといえば専門外なのです。田中謹也の視力回復法は本物か?

眼を悪くする子どもたちの数が増え続けています。これは文明の利器がもたらす悪影響に成長期の子供たちが真っ先にさらされている危惧すべき状況と言えるでしょう。これは現代の社会が近視を誘発させる状況を放置し続ける限り、子どもたちが危機にさらされ続け一層の悪化をたどることになるでしょう。とにかく自分のこどもが仮性近視になったなら、親としてはなんとしてもそれを食い止めなければなりません。

仮性近視でよく処方されるミオピンどという点眼液、ただ言われたままに寝る前に差します。この薬の使用に反対を唱える眼科医もいます。

しかし点眼液に頼るのではなく、手遅れにならないように先手を打っておかなければならないことがあります。現代は生活の中に発光画面がやたらに増えています。子供の目の健康には信じられないくらいの危険な社会です。

仮性近視を眼科では治せないという驚きの事実を知っていたら、あなたのお子さんの視力回復は手遅れにならなかったかもしれません。

« わが子の視力回復 | トップページ | 視力低下システムソニーPSV »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/74190268

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~驚異の視力UP 近視治療:

« わが子の視力回復 | トップページ | 視力低下システムソニーPSV »