« 携帯ゲーム機器で目を悪くしよう! | トップページ | 悪魔のささやきスマホのゲームアプリ »

2018年9月22日 (土)

子供の視力回復~近視治療の常識を覆す

子供が目を悪くしてしまうと、まず眼科ですね。しかしここで間違えてしまうのは眼科医だけに頼ってしまうことです。眼科医が仮性近視を本気で治療しない不都合な真実が実際にあるのです。そのを暴露して真の視力を取り戻す最善で最短の方法を教えている人物がいます。

この薬を仮性近視に使用するのを疑問視する声もあります。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

そのまま淡い期待をもって眼科を信頼して通い続けると、やがて「そろそろメガネにしましょうか」と当たり前のように告げられます。親としては有罪確定を言い渡されたようなものです。実はこのミドリンMやミオピンという点眼薬は視力を元に戻す薬ではなく、ピント調整筋を麻痺させ瞳孔を開かせるためのものです。眼科医も頼った田中謹也のアイトレーニング

仮性近視から真性近視になるまで患者を生き殺し状態で傍観しているに過ぎません。こどもが目を悪くしないためには注意が必要です。気を抜いていると、ちょっとした隙に目が悪くなっていたりします。こどもが目を悪くしたのは親の監督不足が原因です。親としては仮性近視の予防や対策を事前に認知して、子供の視力低下を防ぐべきだったかもしれません。眼科では仮性近視は治らないという事実があるのをあなたはご存じですか。ほとんど効き目のないこの薬に頼るのではなくこの時点でやるべきことが実はあります。とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

仮性近視でよく処方されるミドリンMなどという点眼液、ただ言われたままに寝る前に差します。子供の視力が低下の危機に瀕しています。これはIT機器のもたらす人体への悪影響が無防備な子どもたちに真っ先に襲いかかっているという危惧すべき状況と言えます。これは現代の社会が近視を誘発させる状況を放置し続ける限り、子どもたちが危機にさらされ続け一層の悪化をたどることになるでしょう。兎にも角にも、わが子の視力低下は、親の責任できちんと予防しなければなりません。

でもここで真剣な親ならダメ元でも何とかならないか考えるでしょう。無駄な足搔きでしょうか?実はそんなことはないのです。あなたの知らなかった視力回復法に行き当たる可能性もあるのです。





« 携帯ゲーム機器で目を悪くしよう! | トップページ | 悪魔のささやきスマホのゲームアプリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/74246844

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視治療の常識を覆す:

« 携帯ゲーム機器で目を悪くしよう! | トップページ | 悪魔のささやきスマホのゲームアプリ »