« スマートフォン視力障害への道 | トップページ | 子供の視力回復~未来の視力矯正 »

2018年9月 1日 (土)

パズドラ視力低下への入り口

視力が落ちてしまう原因は、近くに視点を固定してしまう、これが主な最大の原因です。

視力低下の予防、視力回復のためには、近くのものをずっと見続けるような生活習慣を改善しなければいけません。読書も近くを見続けますが、本の場合視点移動やページめくりと言う作業があります。 適度な間隔でブレイクが入るので目の負担は軽減されます。こうしたことから言えば瞬きもせず、何時間でも平気で画面を見続ける パズドラは最悪です。



仮性近視をまねく生活習慣

つまり眼の焦点が近くに固定された状態を続けると、眼のピントを調整している毛様体筋が硬直してきます。こうした状態が生活習慣化してしまえば遠くが見え辛くなっていくというわけです。従ってDSなどのゲーム機器はこどもの視力を奪う最大の敵です。仮性近視になってしまったら、一刻も早く視力を回復させるトレーニングを始めたほうが良いでしょう。

でも一番上が視力が良いと、年下のこどもが近視になる可能性が増えてきます。

第一に心理的重圧、これで親は滅入ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?





つまり親が視力低下についてなんにも知らないでいると、こどもの視力低下を招いてしまうわけです。 子供の視力異常が深刻な社会問題になっています。子供の近視で面白いのは、兄弟だと一番上の子が近視になると、弟や妹は近視の確率が減ります。結論としては親がこどもの視力の低下の予防について正しい知識を持っていれば、こどもが視力が低下してしまうことも防げるようになるというわけです。

わが子が視力低下になるとなにかと心配になることが多いです。

« スマートフォン視力障害への道 | トップページ | 子供の視力回復~未来の視力矯正 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/74132391

この記事へのトラックバック一覧です: パズドラ視力低下への入り口:

« スマートフォン視力障害への道 | トップページ | 子供の視力回復~未来の視力矯正 »