« ツムツムは日本国民の視力低下に貢献 | トップページ | 視力低下の根源ツムツムの責任者は出てこい »

2018年8月 4日 (土)

子供の視力回復~視力改善を自力で





眼科では視力回復はどちらかといえば専門外なのです。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

現代社会は子供の視力低下の原因となる、外敵ばかりが多くなっています。これをしばらくの間、毎晩点眼して様子を見ることになります。眼科医によってはこのミドリンMやミオピン、サンドールPは効き目は殆ど無いと言い切ります。仮性近視と診断されたら、眼科医ではミオピンと呼ばれる点眼液などを処方します。もうこの時点ではあなたは眼科医の巧妙な罠に引っかかってしまい、抜け出せなくなるぎりぎりの半歩手前くらいまでおびき寄せられているのです。

眼に悪い現代社会の環境、でもそんな環境だからこそわが子にしてやれることがあります。またそれは親の責任でもあります。

子供が目を悪くしてしまうと、眼科ならもしかして仮性近視を治す秘策を伝授してくれるかもしれないと期待して、眼科医を訪ねます。仮性近視のお子さんが眼科で検診だけを続けていては手遅れになる、これはある視力回復インストラクターが自信を持って言い切った言葉です。さてその真偽は?

もし視力が回復する患者さんが続出するなら死活問題になってしまうのです。瞳孔を強制的に開かせるため、薬が効きすぎる場合が稀にあるようです。

眼を悪くする子どもたちの数が増え続けています。これはコンピューターテクノロジーの進歩により、小型化が進む発光画面がもたらす悪影響と大きな因果関係があると言えます。現代社会の意識がこうした事実に真剣に対処しなければ、子どもたちの犠牲が増え続ける一方であることは間違いありません。とにかくも、子供の視力の悪化は、親が責任をもって対処すべきです。

点眼薬ミドリンMは仮性近視治療の特効薬か?

差したあと滲みる、痛いなど決して評判のよくないその点眼液を数週間使用してから、検査、または再検査を経て、結局は「そろそろメガネにしましょうか?」の決まり文句、どこかで誰かが言っていた通りの言葉。

« ツムツムは日本国民の視力低下に貢献 | トップページ | 視力低下の根源ツムツムの責任者は出てこい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/73971200

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力改善を自力で:

« ツムツムは日本国民の視力低下に貢献 | トップページ | 視力低下の根源ツムツムの責任者は出てこい »