« 任天堂の製品で目を悪くしよう! | トップページ | 子供の視力回復~あかるい視力アップ »

2018年7月28日 (土)

子供の視力回復~視力回復計画

仮性近視を治す方法はないか、よく調べないで、眼科医の言いなりで最終的に「メガネを作りましょう」という結論に落ち着いてしまうのは、実は愚かなことなのです。眼科は視力回復は専門外といってもよいでしょう。子供の視力低下が増えています。これは文明の利器がもたらす悪影響に成長期の子供たちが真っ先にさらされている危惧すべき状況と言えるでしょう。現代社会の意識がこうした事実に真剣に対処しなければ、子どもたちの犠牲が増え続ける一方であることは間違いありません。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

こうなったらあなたは眼科医の不誠実だが責めることのできない見えない策略に子供を陥らせてしまったのです。もうほとんど手遅れだと言って良いでしょう。

まだ初期段階の仮性近視なら視力はある程度回復することも稀にあります。この点眼薬は魔法の薬ではありません。近視の特効薬でもありません。こどもが目を悪くしないためには注意が必要です。油断しているとアッという間に眼を悪くします。こどもが目を悪くしたのは親の監督不足が原因です。親としては仮性近視の予防や対策を事前に認知して、子供の視力低下を防ぐべきだったかもしれません。子供には厳しく目の正しい習慣付けをしないと、将来視力だけでなく重大な眼の障害も抱える可能性が高くなります。大丈夫まだ間に合います。

子供が目を一旦悪くして、それでもなんとか仮性近視から一時的に視力が回復しても、この先同じことの繰り返しが起こるのは必定です。しかし瞳孔拡張点眼薬で一時的に硬直していた毛球筋が元の弾力に戻っても、DSやPSV等で近くを長時間凝視する習慣を続ければ、視力調整能力はまた近くに固定されてしまいます。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。





眼科が視力回復に対して積極的でない理由。それは面倒な視力回復の指導などよりも、簡単に儲かるメガネの商売ほうが魅力的だからです。

眼科に頼るならミオピン等の点眼薬が淡い期待を持たせてくれます。眼科の限界 田中謹也の革新 アイトレーニング

近視は病気ではないし、視力回復は医者の仕事ではないと割り切っている眼科医がほとんどのような気がします。

« 任天堂の製品で目を悪くしよう! | トップページ | 子供の視力回復~あかるい視力アップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/73934754

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力回復計画:

« 任天堂の製品で目を悪くしよう! | トップページ | 子供の視力回復~あかるい視力アップ »