« 子供の視力回復~近視治療の常識の嘘 | トップページ | 任天堂の製品は視力低下を引き起こす »

2018年7月 8日 (日)

子供の視力回復~視力アップの世界

仮性近視でよく処方されるミオピンどという点眼液、ただ言われたままに寝る前に差します。とにかく数週間それを点眼して経過を見ることになります。眼科医が仮性近視を本気で治療しない不都合な真実が実際にあるのです。そのを暴露して真の視力を取り戻す最善で最短の方法を教えている人物がいます。

子供の視力が低下の危機に瀕しています。これは文明の利器がもたらす悪影響に成長期の子供たちが真っ先にさらされている危惧すべき状況と言えるでしょう。残念なことに現代の資本主義社会は子どもたちの視力を生贄にして、その利潤の追求を再優先にしています。とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

仮性近視をまねく生活習慣

眼科は視力回復は専門外といってもよいでしょう。メガネを作るところまで行ってしまえば、眼科医の思う壺、そこで診察は終わり、あとは隣の眼鏡店で毎年、度の強くなるメガネを作り直すことの繰り返し。

眼科は視力回復センターではなく、眼鏡店が併設されていることがほとんどだと言う悲しい事実を思い起こしてみる必要があります。



いざ宿題、勉強となると集中力散漫で15分と持たない子供でも、視力低下の原因となるゲームとなれば信じられない集中力と忍耐強さを発揮します。

こどもが仮性近視にならないようにするには、日常的な注意が必要です。気を抜いていると、ちょっとした隙に目が悪くなっていたりします。こどもが眼を悪くしてしまったのは。親がちゃんと気にしてやらなかったからです。親としては子供のために視力低下の知識を事前に得て、多少厳しくても正しい指導をすべきであったかもしれませんね。仮性近視を治す方法はないか、よく調べないで、眼科医の言いなりで最終的に「メガネを作りましょう」という結論に落ち着いてしまうのは、実は愚かなことなのです。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

しかしある程度続けないと効果がでないのも事実です。

仮性近視で処方されたミドリンMやミオピン、サンドールP等は有効な場合もありますが、使い方によってはとても危険です。子供が目を悪くしてしまうと、まずは眼科に連れてゆきますね、眼科ならもしかして仮性近視を治すことができるかもしれないと言う期待を持って...

« 子供の視力回復~近視治療の常識の嘘 | トップページ | 任天堂の製品は視力低下を引き起こす »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/73822606

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力アップの世界:

« 子供の視力回復~近視治療の常識の嘘 | トップページ | 任天堂の製品は視力低下を引き起こす »