« 視力低下を引き起こす任天堂の製品は無責任 | トップページ | 子供の視力回復~視力アップの世界 »

2018年6月28日 (木)

子供の視力回復~近視治療の常識の嘘

仮性近視には必ずと言ってよいほど処方されるミドリンサンドールPなどの点眼薬があります。仮性近視を治せないまでも、治そうとする努力をする眼科医もいます。しかし仮性近視は眼病ではないと当たり前のように放っておく眼科医が多いのも事実です。

子供の仮性近視が増大する傾向にあります。これは文明の利器がもたらす悪影響に成長期の子供たちが真っ先にさらされている危惧すべき状況と言えるでしょう。現代社会の意識がこうした事実に真剣に対処しなければ、子どもたちの犠牲が増え続ける一方であることは間違いありません。兎にも角にも、わが子の視力低下は、親の責任できちんと予防しなければなりません。

眼の水晶体のピントを調整している筋肉を麻痺させて、筋肉を弛緩させるだけのものです。

子供が目を悪くしてしまうと、眼科ならもしかして仮性近視を治す秘策を伝授してくれるかもしれないと期待して、眼科医を訪ねます。実は眼科では視力回復はレーシック手術以外はその根拠を認めていません。仮性近視をまねく生活習慣

こどもが目を悪くしないためには注意が必要です。親の期待を見事に裏切って、子供はすぐに仮性近視に陥ります。こどもが眼を悪くしてしまったのは。親がちゃんと気にしてやらなかったからです。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。この時点ではあなたは気づかないかもしれませんが、じつは大きな落とし穴に落ちてしまっているのです。資本主義経済の罠と行ったら大げさでしょうか。





視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

学校からは近視の疑いが強いので眼科で検診をするよう通知されて、後悔と不安がじわじわと押し寄せてきます。

眼科ではやがて、当然のような感じで「そろそろメガネですね…」と告げてきます。もうその時点では覚悟ができてしまっていて諦めの境地ということになってしまいます。ほとんど効き目のないこの薬に頼るのではなくこの時点でやるべきことが実はあります。このミドリンMやミオピン、サンドールPはその使用に関しては疑問視する眼科医もいます。仮性近視から真性近視になるまで患者を生き殺し状態で傍観しているに過ぎません。

« 視力低下を引き起こす任天堂の製品は無責任 | トップページ | 子供の視力回復~視力アップの世界 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/73762556

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視治療の常識の嘘:

« 視力低下を引き起こす任天堂の製品は無責任 | トップページ | 子供の視力回復~視力アップの世界 »