« 視力低下の根源スマホのゲームアプリの責任者は出てこい | トップページ | 携帯ゲーム機器はこどもの視力の敵 »

2018年4月 4日 (水)

わが子の視力回復

現代は子供が仮性近視になる要因に溢れています。仮性近視は治ります。でも眼科に頼るだけでは悪くなるばかりかもしれません。子供が仮性近視と診断され慌てている親たちの気持ちを受け止めてくれるような視力回復法があります。

仮性近視で処方されたミドリンMやミオピン、サンドールPは効き目がないばかりか、使い方によってはとても危険な場合があります。子供の視力が低下の危機に瀕しています。これはコンピューターテクノロジーの進歩により、小型化が進む発光画面がもたらす悪影響と大きな因果関係があると言えます。これは現代の社会が近視を誘発させる状況を放置し続ける限り、子どもたちが危機にさらされ続け一層の悪化をたどることになるでしょう。とにかく自分のこどもが仮性近視になったなら、親としてはなんとしてもそれを食い止めなければなりません。

近くにピントを合わせたまま一時的に固まってしまった筋肉の柔軟性を取り戻す目的の薬だそうです。

点眼を続け、数週間ごとに視力を検査しますが、悪くはならないこそ良くもならないのがせめてもで、いずれやがては「メガネをつくる」ことを勧められます視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

処方された点眼薬ですが、この薬の作用や内容をご存知の方は意外に少ないのです。眼科では近視は眼病の患者とは明らかに違う扱いだと感じてしまうのはなぜでしょうか?近視は病気ではないし、視力回復は医者の仕事ではないと割り切っている眼科医がほとんどのような気がします。子供が目を悪くしてしまうと、眼科で検診をうけて仮性近視との診断ならその時点ではまだ良いほうかもしれません。眼に悪い現代社会の環境、でもそんな環境だからこそわが子にしてやれることがあります。またそれは親の責任でもあります。

仮性近視と診断されたら、眼科医ではサンドールPと呼ばれる点眼液などを処方します。点眼薬ミドリンMは仮性近視治療の特効薬か?





こうなったらあなたは眼科医の不誠実だが責めることのできない見えない策略に子供を陥らせてしまったのです。もうほとんど手遅れだと言って良いでしょう。

« 視力低下の根源スマホのゲームアプリの責任者は出てこい | トップページ | 携帯ゲーム機器はこどもの視力の敵 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/73236963

この記事へのトラックバック一覧です: わが子の視力回復:

« 視力低下の根源スマホのゲームアプリの責任者は出てこい | トップページ | 携帯ゲーム機器はこどもの視力の敵 »