« 視力低下システムiphoneゲームアプリ | トップページ | こどもの視力低下を招く任天堂の製品 »

2017年10月 1日 (日)

子供の視力回復~近視治療の常識とは?

しかし結局その薬でしばらく視力の推移を見ながら診察を続けることになります。

恐ろしい眼科の落とし穴

仮性近視から真性近視になるまで患者を生き殺し状態で傍観しているに過ぎません。子供の視力が低下の危機に瀕しています。これはIT機器のもたらす人体への悪影響が無防備な子どもたちに真っ先に襲いかかっているという危惧すべき状況と言えます。残念なことに現代の資本主義社会は子どもたちの視力を生贄にして、その利潤の追求を再優先にしています。兎にも角にも、わが子の視力低下は、親の責任できちんと予防しなければなりません。

仮性近視を眼科では治せないという驚きの事実を知っていたら、あなたのお子さんの視力回復は手遅れにならなかったかもしれません。

でもメガネに頼れば年々度が強くなり、眼科の指定する系列のメガネ屋が儲け続けるスパイラルに巻き込まれてしまうだけです。メガネに頼れば確実に視力は低下し続けます。

実は眼科では視力回復はレーシック手術以外はその根拠を認めていません。これは現代の社会が近視を増長する発光画面を製造し続ける限り、解決の道は遠いでしょう。ともあれわが子の視力低下となればそんな悠長なことは言ってられません。

眼科ではミドリンMなどの名称の透明な点眼薬が仮性近視の子供に処方されます。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。





こどもが目を悪くしないためには注意が必要です。親の期待を見事に裏切って、子供はすぐに仮性近視に陥ります。こどもが眼を悪くしてしまうと親はとてつもない責任感に苛まれます。親としては仮性近視の予防や対策を事前に認知して、子供の視力低下を防ぐべきだったかもしれません。処方された点眼薬ですが、この薬の作用や内容をご存知の方は意外に少ないのです。子供が目を悪くしてしまうと、仮性近視になったことで自分の子供に対する愛情や注意が不十分だったと感じてしまい落ち込みます。仮性近視で処方されたミドリンMやミオピン、サンドールP等は効き目はあまり期待できないばかりか、使い方によってはとても危険な場合があります。仮性近視が良くなることを期待していたが、眼科でついに「そろそろメガネですかね…」と平然と言われてしまうと、親として子供にすまない気持ちになってしまいます。

« 視力低下システムiphoneゲームアプリ | トップページ | こどもの視力低下を招く任天堂の製品 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/71849078

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視治療の常識とは?:

« 視力低下システムiphoneゲームアプリ | トップページ | こどもの視力低下を招く任天堂の製品 »