« スマートフォンの学習効果は低いが視力低下効果は高い | トップページ | 視力低下を引き起こす任天堂の製品は無責任 »

2017年10月17日 (火)

わが子の視力矯正

仮性近視から真性近視になるまで患者を生き殺し状態で傍観しているに過ぎません。実はこのミドリンMやミオピン、サンドールPは眼を良くする薬ではなく、瞳孔を無理矢理に開かせ調整機能を弛緩させる作用の薬にすぎないのです。。こどもが仮性近視にならないようにするには、日常的な注意が必要です。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。子供の視力低下は親の責任です。親としては子供のために視力低下の知識を事前に得て、多少厳しくても正しい指導をすべきであったかもしれませんね。しかしある程度続けないと効果はでないとされています。





仮性近視が眼科で治らなかったのは仕方がないことです。眼科では点眼でダメならあとはメガネというパターンが多いからです。何故でしょうか?

眼科に頼るならミドリンMという点眼薬などが淡い期待の唯一の拠り所です。これは文明の進化に伴う弊害ともいうべき現代の悲しむべき状況です。仮性近視、これはどう捉えるべきでしょうか。

眼科は本気であなたの仮性近視が治るとは思っていません。仮性近視を引き起こす生活習慣

そのまま眼科を信頼して通い続けると、やがて「そろそろメガネにしましょうか」と当たり前のように告げられます。親の気持ちとしては有罪判決を受けたような気分です。子供が目を悪くしてしまうと、眼科ならもしかして仮性近視を治す秘策を伝授してくれるかもしれないと期待して、眼科医を訪ねます。もうこうなった時点では遅いのです。もう黙ってその眼科の隣りか向いにある眼鏡店へ処方箋を持って行き、あとはひたすら度の強いメガネに買い替える人生。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

この薬を毎晩寝る前に差す、毎日必ず続けるように言われ様子を見ることになります。子供の仮性近視が増大する傾向にあります。これはコンピューターテクノロジーの進歩により、小型化が進む発光画面がもたらす悪影響と大きな因果関係があると言えます。これは現代の社会が近視を誘発させる状況を放置し続ける限り、子どもたちが危機にさらされ続け一層の悪化をたどることになるでしょう。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

« スマートフォンの学習効果は低いが視力低下効果は高い | トップページ | 視力低下を引き起こす任天堂の製品は無責任 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/71984072

この記事へのトラックバック一覧です: わが子の視力矯正:

« スマートフォンの学習効果は低いが視力低下効果は高い | トップページ | 視力低下を引き起こす任天堂の製品は無責任 »