« ソニーPSPはこどもの視力の敵 | トップページ | 視力低下を引き起こす任天堂の製品は無責任 »

2017年8月13日 (日)

子供の視力回復~視力回復と健康





子供の視力が低下の危機に瀕しています。これはIT機器のもたらす人体への悪影響が無防備な子どもたちに真っ先に襲いかかっているという危惧すべき状況と言えます。これは現代の社会が近視を増大させる環境を産み出して続ける限り、子どもたちが犠牲になり続け解決は遠いでしょう。兎にも角にも、わが子の視力低下は、親の責任できちんと予防しなければなりません。

そのまま眼科を信頼して通い続けると、やがて「そろそろメガネにしましょうか」と当たり前のように告げられます。親の気持ちとしては有罪判決を受けたような気分です。こどもの視力低下には注意が必要です。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。こどもが眼を悪くしてしまったのは。親がちゃんと気にしてやらなかったからです。親としては視力低下の原因を認識して、予防や対処に務めるべきだったかもしれません。ここでしぶとい親なら諦めずに子供のためにまだ何とかしようとするでしょう。悪あがきですか?実のところは無駄ではないかもしれません。あなたが知らなかった真実があるかもしれません。

学校からは近視の疑いが強いので眼科で検診をするよう通知されて、後悔と不安がじわじわと押し寄せてきます。

眼科医で視力が回復すると考えているなら愚かなことです。仮性近視を眼科では治せないという驚きの事実を知っていたら、あなたのお子さんの視力回復は手遅れにならなかったかもしれません。

しかしある程度続けないと効果はでないとされています。

仮性近視には必ずと言ってよいほど処方されるミドリンサンドールPなどの点眼薬があります。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

点眼薬を処方された後はしばらく様子を見ることになります。仮性近視点眼薬ミドリンMの危険性

実はこのミドリンMやミオピン、サンドールPという点眼薬は視力を元に戻す薬ではなく、本来は瞳孔を開かせるために特殊な目的で使う薬なのです。眼病を治すのが第一の医療のあり方と都合よく捉えていて、視力低下はメガネで矯正と割りきって考える眼科医がほとんどです。子供が目を悪くしてしまうと、眼科ならもしかして仮性近視を治す秘策を伝授してくれるかもしれないと期待して、眼科医を訪ねます。

« ソニーPSPはこどもの視力の敵 | トップページ | 視力低下を引き起こす任天堂の製品は無責任 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/71410044

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力回復と健康:

« ソニーPSPはこどもの視力の敵 | トップページ | 視力低下を引き起こす任天堂の製品は無責任 »