« パズドラは目を悪くするだけ | トップページ | ソニーPSVが引き起こす視力低下の危険性 »

2017年7月27日 (木)

悪魔のささやきソニーPSP

つまり眼の焦点が近くに固定された状態を続けると、水晶体の厚さ調整している眼の筋肉が固まってきます。こうした生活習慣が日常化すれば徐々に視力は低下していくというわけです。したがってスマホアプリなどのゲームは、子どもの視力を喰い物にしているのです。でも子どものうちなら視力回復の良い方法があります。

要するに親がこどもの視力低下について無知だと、こどもが近視になりやすいというわけです。小児の視力の弱体化が増え続け、深刻化してきています。しかしながら第一子が視力が良いと、自分のこどもの眼が悪くなるとなにかと不安になることが多いです。子供の近視で注目すべきは、兄弟や姉妹は、年長が近視になると、次の子の視力には気をつけますので、近視の確率は下がります。



視力低下の原因は、近くに視点を固定してしまう、これが一番の原因であることは明らかです。

仮性近視への疑問

というわけで親が近視の予防ということを意識したならば、こどもの仮性近視を防ぐ確率が高くなるというわけです。

視力の低下を防ぐ、視力を回復するためには、近くを凝視することの多い生活習慣を正さなければなりません。読書の場合は、近くでも視点移動やページめくりと言う作業があり,また適度に休憩をとることもできるのでまだ良いのですが、こうしたことから考えれば、瞬きもせずに長時間、発光画面を凝視し続けることを強いられる ソニーPSPは最悪です。



なんといってもメンタルな不安、これに親は困ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

二番目のこどもが視力が落ちてしまう危険の度合が高くなります。

« パズドラは目を悪くするだけ | トップページ | ソニーPSVが引き起こす視力低下の危険性 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/71255558

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔のささやきソニーPSP:

« パズドラは目を悪くするだけ | トップページ | ソニーPSVが引き起こす視力低下の危険性 »