« 子供の視力回復~近視克服で快適な裸眼生活 | トップページ | 視力低下PSPの責任者は出てこい »

2017年4月 9日 (日)

子供の視力回復~視力復活の常識とは?





こどもが仮性近視にならないようにするには、日常的な注意が必要です。油断しているとアッという間に眼を悪くします。こどもが仮性近視になったのは、親の躾が悪かったのは明らかです。親としては子供のために視力低下の知識を事前に得て、多少厳しくても正しい指導をすべきであったかもしれませんね。いざ宿題、勉強となると集中力散漫で15分と持たない子供でも、視力低下の原因となるゲームとなれば信じられない集中力と忍耐強さを発揮します。

子供の仮性近視が増えています。これは文明の進化の弊害ともいうべき現代の症候群とも言えるかもしれません。残念なことに現代の資本主義社会は子どもたちの視力を生贄にして、その利潤の追求を再優先にしています。とにかく自分のこどもが仮性近視になったなら、親としてはなんとしてもそれを食い止めなければなりません。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を一旦悪くして、それでもなんとか仮性近視から一時的に視力が回復しても、この先同じことの繰り返しが起こるのは必定です。瞳孔を開く薬、名前がミオピンという点眼薬などは仮性近視の症状でよく処方されます。ほとんど効き目のないこの薬に頼るのではなくこの時点でやるべきことが実はあります。医者によっては「危険を伴うので使わないほうが良い」と言う人もいるくらいです。

効くはずもない点眼液の洗礼を経て、やがて眼科医から「メガネがないと授業に差し支えますね」とドキッとする言葉を投げかけられ諦めの境地がやって来ます。メガネを作るところまで行ってしまえば、眼科医の思う壺、そこで診察は終わり、あとは隣の眼鏡店で毎年、度の強くなるメガネを作り直すことの繰り返し。

眼科では近視は眼病の患者とは明らかに違う扱いだと感じてしまうのはなぜでしょうか?その理由は様々ありますが、もし仮性近視の特効薬があっても眼科ではそれをススメないでしょう。仮性近視のお子さんが眼科で検診を受け続けていては手遅れになることがある、こう言い切る視力回復インストラクターがいます。その真意は?

田中謹也の視力改善トレーニング子供の視力改善トレーニング

« 子供の視力回復~近視克服で快適な裸眼生活 | トップページ | 視力低下PSPの責任者は出てこい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/70202294

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力復活の常識とは?:

« 子供の視力回復~近視克服で快適な裸眼生活 | トップページ | 視力低下PSPの責任者は出てこい »