« 子供の視力回復~未来の近視治療 | トップページ | 子供の視力回復~視力アップへの近道 »

2017年4月 1日 (土)

子供の視力回復~近視克服ストーリー





子供の視力低下は深刻な問題で、早急な対処が望まれます。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。こどもが眼を悪くしてしまうと親はとてつもない責任感に苛まれます。親として子供の視力にはもっと気を使うべきであった、なんという思慮不足だったのかと後悔してしまうかもしれませんよね。子供の視力を回復させることは難しいと思われるかもしれませんが、それは可能なのです。

子供の視力低下が深刻な問題になっています。これは文明の利器がもたらす悪影響に成長期の子供たちが真っ先にさらされている危惧すべき状況と言えるでしょう。これは現代の社会が近視を誘発させる状況を放置し続ける限り、子どもたちが危機にさらされ続け一層の悪化をたどることになるでしょう。とにかくも、子供の視力の悪化は、親が責任をもって対処すべきです。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまうと、子供の仮性近視で最初に頼るのは診断した眼科医の判断です。眼科に頼るならミドリンMという点眼薬などが淡い期待の唯一の拠り所です。これをしばらくの間、毎晩点眼して様子を見ることになります。点眼薬ミドリンMやミオピン、サンドールPで一時的に固定していた調整筋が元に戻ることもあります。近くにピントを合わせたまま一時的に固まってしまった筋肉の柔軟性を取り戻す目的の薬だそうです。

そのまま眼科を信頼して通い続けると、やがて「そろそろメガネにしましょうか」と当たり前のように告げられます。親の気持ちとしては有罪判決を受けたような気分です。でもここで真剣な親ならダメ元でも何とかならないか考えるでしょう。無駄な足搔きでしょうか?実はそんなことはないのです。あなたの知らなかった視力回復法に行き当たる可能性もあるのです。

眼科医で視力が回復すると考えているなら愚かなことです。眼科は視力回復センターではなく、眼鏡店を傘下に抱いているという悲しい事実を思い起こしてみる必要があります。仮性近視のお子さんが眼科で検診だけを続けていては手遅れになる、これはある視力回復インストラクターが自信を持って言い切った言葉です。さてその真偽は?

視力改善を望むならコレ子供の視力改善トレーニング

« 子供の視力回復~未来の近視治療 | トップページ | 子供の視力回復~視力アップへの近道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/70119465

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視克服ストーリー:

« 子供の視力回復~未来の近視治療 | トップページ | 子供の視力回復~視力アップへの近道 »