« DSの学習効果は低いが視力低下効果は高い | トップページ | 子供の視力回復~視力復活の常識とは? »

2017年4月 8日 (土)

子供の視力回復~近視克服で快適な裸眼生活





こどもの視力低下には注意が必要です。親の期待を見事に裏切って、子供はすぐに仮性近視に陥ります。こどもが仮性近視になったのは、親の躾が悪かったのは明らかです。親としては視力低下の原因を認識して、予防や対処に務めるべきだったかもしれません。これは現代の社会が近視を増長する発光画面を製造し続ける限り、解決の道は遠いでしょう。ともあれわが子の視力低下となればそんな悠長なことは言ってられません。

子供の視力低下が深刻な問題になっています。これは文明の利器がもたらす悪影響に成長期の子供たちが真っ先にさらされている危惧すべき状況と言えるでしょう。これは現代の社会が近視を増大させる環境を産み出して続ける限り、子どもたちが犠牲になり続け解決は遠いでしょう。とにかくも、子供の視力の悪化は、親が責任をもって対処すべきです。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまうと、眼科ならもしかして仮性近視を治す秘策を伝授してくれるかもしれないと期待して、眼科医を訪ねます。眼科に頼るならミドリンMという点眼薬などが淡い期待の唯一の拠り所です。そして数週間様子を見ることになります。仮性近視で処方されたミドリンMやミオピン、サンドールPは効き目がないばかりか、使い方によってはとても危険な場合があります。しかし瞳孔拡張点眼薬で一時的に硬直していた毛球筋が元の弾力に戻っても、DSやPSV等で近くを長時間凝視する習慣を続ければ、視力調整能力はまた近くに固定されてしまいます。

差し心地の決してよくないその点眼液を数週間使用した後、再検査、または再々検査を経て告げられるのは「そろそろメガネにしましょうか」の常套句。もうこうなった時点では遅いのです。もう黙ってその眼科の隣りか向いにある眼鏡店へ処方箋を持って行き、あとはひたすら度の強いメガネに買い替える人生。

眼科では仮性近視を本気で治る、治せる、治そうとは思っていません。いやむしろ敢えて治さないといったほうが良いでしょうか。ある視力回復インストラクターは言います。眼科は眼病を治療するところ、眼科には視力を回復させようという意識はない。その真の意味は?

仮性近視を本気で治したい人たちへ、ぜひすすめたい子供の視力回復トレーニング

« DSの学習効果は低いが視力低下効果は高い | トップページ | 子供の視力回復~視力復活の常識とは? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/70184744

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視克服で快適な裸眼生活:

« DSの学習効果は低いが視力低下効果は高い | トップページ | 子供の視力回復~視力復活の常識とは? »