« 子供の視力回復~KSGT近視克服 | トップページ | 子供の視力回復~近視克服ストーリー »

2017年4月 1日 (土)

子供の視力回復~未来の近視治療





子供の視力低下は深刻な問題で、早急な対処が望まれます。一寸でも目を離していると、子供は平気で目を悪くします。こどもが目を悪くしたのは親の監督不足が原因です。親として子供の視力にはもっと気を使うべきであった、なんという思慮不足だったのかと後悔してしまうかもしれませんよね。子供の生活習慣の乱れによる視力低下は、自らが招いたものではありますが、親の責任が大きいです。

子供の視力が低下の危機に瀕しています。これは文明の負の副産物ともいうべき現代社会の現象とも言えるかも知れません。これは現代社会が眼にやさしくない状況をもたらし続ける限り、こどもたちの視力が危険に曝されている状況からは抜け出せないでしょう。とにかくも、子供の視力の悪化は、親が責任をもって対処すべきです。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまっても、まだ仮性近視程度なら良いほうかもしれません。でも対策を間違えないで下さい。眼科ではミドリンMなどの名称の透明な点眼薬が仮性近視の子供に処方されます。とにかく数週間それを点眼して経過を見ることになります。点眼薬ミドリンMやミオピン、サンドールPは瞳孔を開かせる、つまり眼の調整筋の緊張を一時的に和らげるものです。この薬の使用に反対を唱える眼科医もいます。

点眼を続け、数週間ごとに視力を検査しますが、悪くはならないこそ良くもならないのがせめてもで、いずれやがては「メガネをつくる」ことを勧められますメガネを作るところまで行ってしまえば、眼科医の思う壺、そこで診察は終わり、あとは隣の眼鏡店で毎年、度の強くなるメガネを作り直すことの繰り返し。

眼科では仮性近視を本気で治る、治せる、治そうとは思っていません。もし視力が回復する患者さんが続出するなら死活問題になってしまうのです。仮性近視が眼科で治らなかったのは仕方がないことです。眼科では点眼でダメならあとはメガネというパターンが多いからです。何故でしょうか?

仮性近視を本気で治したい人たちへ、ぜひすすめたい子供の視力回復トレーニング

« 子供の視力回復~KSGT近視克服 | トップページ | 子供の視力回復~近視克服ストーリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/70118741

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~未来の近視治療:

« 子供の視力回復~KSGT近視克服 | トップページ | 子供の視力回復~近視克服ストーリー »