« 視力低下症候群スマートフォンのゲームアプリ | トップページ | 子供の視力回復~田中謹也・視力矯正 »

2017年4月30日 (日)

子供の視力回復~視力アップの設計図





こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。親の期待を見事に裏切って、子供はすぐに仮性近視に陥ります。こどもが目を悪くしたのは親の監督不足が原因です。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。眼に悪い小さなゲーム機や携帯電話の画面を凝視する習慣が一番危険です、でもそれは子供が大好きなことなのです。

子供の視力低下が深刻な問題になっています。これは文明の負の副産物ともいうべき現代社会の現象とも言えるかも知れません。これは現代の社会が近視を増大させる環境を産み出して続ける限り、子どもたちが犠牲になり続け解決は遠いでしょう。とにかく自分のこどもが仮性近視になったなら、親としてはなんとしてもそれを食い止めなければなりません。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を一旦悪くして、それでもなんとか仮性近視から一時的に視力が回復しても、この先同じことの繰り返しが起こるのは必定です。眼科ではサンドールPなどの名称の透明な点眼薬が仮性近視の子供に処方されます。点眼薬を処方された後はしばらく様子を見ることになります。仮性近視で処方されたミドリンMやミオピン、サンドールP等は有効な場合もありますが、使い方によってはとても危険です。この薬を仮性近視に使用するのを疑問視する声もあります。

差し心地の決してよくないその点眼液を数週間使用した後、再検査、または再々検査を経て告げられるのは「そろそろメガネにしましょうか」の常套句。この時点ではあなたは気づかないかもしれませんが、じつは大きな落とし穴に落ちてしまっているのです。資本主義経済の罠と行ったら大げさでしょうか。

眼科医で視力が回復すると考えているなら愚かなことです。近視は病気ではないし、視力回復は医者の仕事ではないと割り切っている眼科医がほとんどのような気がします。仮性近視が眼科で治らなかったのは仕方がないことです。眼科では点眼でダメならあとはメガネというパターンが多いからです。何故でしょうか?

仮性近視を本気で治したい人たちへ、ぜひすすめたい子供の視力回復トレーニング

« 視力低下症候群スマートフォンのゲームアプリ | トップページ | 子供の視力回復~田中謹也・視力矯正 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/70423383

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力アップの設計図:

« 視力低下症候群スマートフォンのゲームアプリ | トップページ | 子供の視力回復~田中謹也・視力矯正 »