« 視力低下システム任天堂3DS | トップページ | スマートフォンのゲームアプリはこどもから視力と思考能力を奪う »

2017年4月20日 (木)

子供の視力回復~近視治療で行こう!





こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。気を抜いていると、ちょっとした隙に目が悪くなっていたりします。子供の視力低下は保護者の責任です。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。いざ宿題、勉強となると集中力散漫で15分と持たない子供でも、視力低下の原因となるゲームとなれば信じられない集中力と忍耐強さを発揮します。

子供の仮性近視が増大する傾向にあります。これは文明の負の副産物ともいうべき現代社会の現象とも言えるかも知れません。これは現代社会が眼にやさしくない状況をもたらし続ける限り、こどもたちの視力が危険に曝されている状況からは抜け出せないでしょう。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまうと、眼科ならもしかして仮性近視を治す秘策を伝授してくれるかもしれないと期待して、眼科医を訪ねます。眼科ではサンドールPなどの名称の透明な点眼薬が仮性近視の子供に処方されます。この薬を毎晩寝る前に差す、毎日必ず続けるように言われ様子を見ることになります。点眼薬ミドリンMやミオピン、サンドールPなどは副交感神経を麻痺させて瞳孔を開かせ、その作用で筋肉の固定化を解いていくのが目的で処方されます。近くにピントを合わせたまま一時的に固まってしまった筋肉の柔軟性を取り戻す目的の薬だそうです。

眼科ではやがて、当然のような感じで「そろそろメガネですね…」と告げてきます。もうその時点では覚悟ができてしまっていて諦めの境地ということになってしまいます。この時点であなたもあなたのお子さんも後戻りできないところまでさ迷って行ってしまったことに気づくかも知れませんし、迷い込んだままかもしれません。

眼科は視力回復は専門外といってもよいでしょう。あえて面倒な近視患者は放っておいたほうがよいと考えるのが普通ではないでしょうか。眼科でお子さんの仮性近視を治そうとする熱意を感じたでしょうか?熱意がないのには当然の理由があります。ただその事実を知ってしまうと、あなたはご自分の思慮のなさを悔いることになるかもしれません。

子供の視力回復トレーニング

« 視力低下システム任天堂3DS | トップページ | スマートフォンのゲームアプリはこどもから視力と思考能力を奪う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176329/70314666

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視治療で行こう!:

« 視力低下システム任天堂3DS | トップページ | スマートフォンのゲームアプリはこどもから視力と思考能力を奪う »